役員所信

副理事長 松本 太郎

創立65周年を迎える本年度は、先輩諸兄が築き上げてこられた伝統と誇りを振り返るとともに、今後のビジョンを掲げ、事業を磨き、市民意識変革の運動の方向性を見出す良い機会であります。世の中が急激に変化する中、私たちは温故知新の精神で常に挑戦し、感動体験を共に共有し、輝く愛情と友情を構築できる人財を育成し、西宮というまちにおいて市民に魅力を感じていただける新たな西宮青年会議所を創造してゆかねばなりません。

まずは、この団体の歴史を紐解き、先輩諸兄が現役当時に何を感じ、どのような想いもって活動を行ってきたかについて知る機会を持ちます。そして、入会歴の浅いメンバーが多くなっている中、メンバー同士がお互い力を合わせ、65周年記念式典を成功に導くべく切磋琢磨する体験を持つことで、将来LOMの大きな戦力になるリーダーを育成します。さらに、周年記念事業では広く市民の方々にまちの為になる催しを開催すると共に、私たちの活動について広く知って頂く機会を提供します。また、震災復興支援では、過去2年間行ってきた浪江JC、南双葉JCとの活動を踏まえ、時流に乗った事業を展開します。そして、メンバー同士の交流はもちろんのこと、日ごろJC活動を陰で支えて頂いている家族、会社の仲間に対して、感謝の気持ちをいかに表現できるかについて考え、今後もJC活動を行っていく上で、よき理解者となって頂けるような取り組みを行ってまいります。さらに、近畿地区大会草津大会のブース出展において、我がまち西宮の特色ある地域資源を改めて見つめなおし、近畿各地から集まる来場者に発信できるブースを構築します。

これからの西宮青年会議所を牽引するリーダーとして、先輩諸兄から受け継いだNo5という誇りを携え、地域社会でつながりをもち、人生2度なしの精神で、私たちの運動を積み重ねていく事で、まちに大きな貢献を行うことが出来る西宮青年会議所を構築します。

副理事長 藤田 政信

積小為大~感動から輝きへ~のスローガンのもと、松本陽介理事長より副理事長という大役を仰せつかり、光栄に思うと同時にその責任の重さを痛感しております。大任を与えて下さったことに感謝し、自分自身を成長させるチャンスと捉えて日々努力をしていく所存でおります。

本年、西宮青年会議所は創立65周年を迎えます。創立から64年間の長きに渡り、先輩達が築き上げてきた歴史、伝統があるからこそ、私達が65歩目を踏み出せることに感謝致します。その受け継がれた襷を次の時代に渡すことを念頭に置き、より輝く組織になる為の一年に貢献したいと考えます。

私は、西宮青年会議所の門を叩いて以降、多くの仲間達や先輩方とのご縁を頂き、叱咤激励を含めた体験と毎年違う役職においての経験が私自身の糧となりました。この双方による感動体験が西宮青年会議所の魅力も教えて頂くこととなりました。このことから私の考える青年会議所とは、「まちづくり」だけでなく「ひとづくり」も含めた2つの軸に重きを置く団体であると捉えております。己を律し、利他の精神を育み、心が通い合うひとづくり、まちづくりへの挑戦を担当委員会でもある「まちづくり委員会」と「研修委員会」と共におこなってまいります。

会員拡大においては、地域の未来を本気で考え、行動する同志を一人でも多くこの地域に培っていく為にもJCの魅力を語れるメンバーを増やし、5年後、10年後に繋がると信じて他の2名の副理事長と共に輝ける組織を作る一翼を担っていきます。

最後になりますが、この活動で得られる感動あるつながりを心の輝きへ、節目になるこの65年目が組織にとっても私にとっても新たな一歩となるべく、気概と覚悟、不退転の決意を持って一年間の職責を全うしてまいります。

副理事長 吉住 正基

65年の歴史を紡ぐ社団法人西宮青年会議所の副理事長としての命を頂き、栄誉に感じると共に身が引き締まる想いです。まずは先輩諸兄・諸姉に感謝と敬意を表し今後の西宮青年会議所の更なる発展を確固たるものとする為に、65周年記念懇親式典を室長として成功に導いて参ります。

そして西宮の将来がより明るく豊かであるものとする為に、年間のJC運動に力の限り尽力して参る所存です。先の大戦直後のこと、国際連盟への加入にも先じて、モントリオールでのJCI世界会議に飛び込み、日本JCの設立と国際社会への参画に導いた誇り高き西宮青年会議所OBの精神に習い、「国際の西宮」を具現化する為に、率先して世界の中で日本人としてのアイデンティティーを発信して参ります。

また子供達が西宮を愛し、将来の西宮を担う青年として活躍する人材へと成長するように、私達が責任世代として子供達に感動体験を提供し、その中から子供達と私達の輝きを創出して参ります。

そして明るい豊かな社会を築き上げるべく、まずは自分自身の自己成長を遂げる事はもとより、組織として継続的な更なる成長を目指す必要があります。諸先輩方が私を仲間として温かく迎え入れ、時には厳しく、時には厚情を持って指導して下さったように、私も同志となるメンバーの成長と地域の発展を願い、強い気持ちを持って新会員の勧誘とメンバーの資質向上に向けて尽力して参ります。

これまでの私の人生の中での選択と決断が現在の私を取り巻く社会そのものになっています。JCをやると決めたのが私自身であり、家族や社員が寛容に理解を示してくれる現実を認識すると共に身近な存在を日常の中で敬愛し、「積小為大」の精神を持って、二度とない人生、二度とない青年期を、満身の覚悟でこの1年をやり抜いて参ります。

専務理事 北本 宝

本年度、我々西宮青年会議所は65周年を迎えます。この記念すべき節目の年だからこそ過去を紐解き脈々と受け継がれてきた西宮青年会議所の精神、先輩諸兄の想いを感じることができるのです。そして、これからのメンバーにその想いを伝えていく事も我々現役の役目でもあります。組織の若返りを図り入会歴が浅いメンバー増えてきた今だからこそ、西宮青年会議所の伝統であるセレモニーへのこだわりや礼節を重んじる心、認証番号5番である誇りを今一度見つめ直す時なのではないでしょうか。

青年会議所とは意識の変革を促す団体であります。我々が地域から必要とされるリーダーである為には、自分自身の行動や意識の持ち方を変え1人1人が些細なことでも真剣に向き合い、真摯に活動に取り組み続け感動体験を得ることで青年会議所に所属する意義を見出なければいけません。それでこそ人に影響を与えることができ地域でリーダーシップを発揮できるJAYCEEではないでしょうか。

事務方は組織の鏡だと言われています。事務方が輝くことで西宮青年会議所という組織も輝く。専務理事として総務委員会、広報事務局の両委員会と共に常日頃から事業の参加はもちろんのこと、メンバー間で相乗効果が生まれる様な模範となる行動を心がけLOMの活性化に繋げます。

私にとって、この素晴らしい年に専務理事を仰せつかったことが感動体験でもあります。責任の重さを感じると共に、メンバーと喜びを共有し成長しながら専務理事の職務を全うして参ります。

常任理事 川崎 孝広

大きな目標を達成する為には、小さな目標から達成していく。当たり前のことですが、当事者となれば右往左往する自分がそこにいるのではないかと感じます。

松本理事長の掲げるスローガン【積小為大】の元、国際委員会・青少年委員会の常任理

を仰せつかりました。まずは自分の足元から見つめ直し、前進することを1年間がんばり

ます。

青少年事業は、一度開催・事業参加だけで、子ども達の成長を手に取るようにわかるとは思いません。しかし事業開催にあたっては、さまざまな方向から考え、子ども達の成長になにか機会を与えられる努力をし、一回の機会で何かきっかけを与えられるくらいの意気込みで、いどまないといけないと思います。

様々な体験・様々な人との触れ合い、現実を体感する、ということが青少年育成に繋がるのではないかと思います。

また国際委員会では、世界で西宮が、兵庫が、日本が、どのような位置づけなのかを再度確認し、グローバルリーダー育成の機会ととらえたいところですがLOM内では、言葉だけが先行しているように感じます。 アスパック等の参加を含め、設営だけではなく、動員にも力を入れ、聞くだけではわからない事もたくさんある中、各々が肌で感じて、各々が行動に出るといったように、委員会だけではなし得ない、小さな力の結晶が国際社会に影響をあたえるのではないかと思います。

私一人が西宮青年会議所に何ら影響を与える人柄ではありませんが、現役メンバー・新会員を含む全メンバーが【西宮青年会議所最高!】と皆が納得できる会の一員であるよう精一杯努力いたします。

常任理事

我々青年会議所会員は地域のため、日本のため、そして自らのために活動してまいりました。2015年は、西宮青年会議所が65年を迎えるまでに至りました。今後我々青年会議所会員が地域を牽引し活性化させていくためには、個々の更なる力をつけ輝いていく必要があります。

2015年度は65周年のセレモニーの年となります。このような西宮青年会議所にとって大切な年に常任理事という役職を受け持たせていただいたことを誇りに思い、65周年特別委員会を率いてこの65周年事業の成功を目指し活動してまいりたいと考えております。

65周年特別委員会では、認証番号5番であることを誇りに感じながら活動し、長年培われてきました伝統ある西宮青年会議所のセレモニーの西宮をアピールする事の出来る周年記念事業にしていきたいと考えております。

常任理事という立場を頂き、まずは担当する委員長のスキルアップを1年間通して指導していきます。今後の世代交代を鑑みLOM内部の充実を図り、指導・アドバイスを行います。そして、私自身の青年会議所活動も残り少ないですが共に成長できるよう努力してまいりたいと思います。

1年間、どうぞよろしくお願いいたします。

常任理事 早川 雄一

本年度、松本理事長の下で常任理事を拝命し、その責任の重大さを痛感すると共に、貴重な修練の機会を賜ったことに深く感謝申し上げます。

西宮青年会議所は、本年で65周年という節目を迎えます。活動年数の短い会員が多くを占めるようになった今、諸先輩方から受け継がれてきた伝統と誇りを守るにも、改めてこの団体の歴史を学び伝えると共に、“積小為大”の精神で、セレモニーや礼節を重んじることの大切さを各メンバーに伝えて参る所存です。

また、副理事長と委員長の間の橋渡しとなることが常任理事の役割であることを肝に命じ、副理事長・常任理事・委員長の三者による昼食会等の実施等、積極的な意見の交換に努めて参ります。

そして、過去に三年連続で事務方を務めた経験を活かし、役員会議においては各上程書の事前確認を隈無く行い、積極的な発言に努め、充実した会議の実現を推進致します。

まちづくり委員会では、行政や各種団体との連携を活かし、西宮の素晴らしさを発掘すると共に、他団体と協働することで「輝ける西宮」への意識改革を図って参ります。

研修委員会では、西宮青年会議所の歴史と日々の活動における礼節の研修を行います。単なるお仕着せの内容ではなく、その精神性を伝えることに重点を置いて参ります。

いずれの事業においても、それらを通じてメンバー一人ひとりが感動を体験し、輝くJC生活を過ごされることが最も重要であると考え、力を尽くして参ります。本年一年間、どうぞご指導ご鞭撻の程宜しくお願い致します。

常任理事 奥 大輔

松本理事長が掲げる「積小為大」のテーマの下、2015年度の西宮青年会議所がスタート致しました。私は今年度、常任理事という責任ある役職を仰せつかり、改めて身の引き締まる思いです。担当委員会はもとより、西宮青年会議所全ての事業について責任を持つ立場ですので、今まで以上に自覚を持ち、全体を見通す広い視野を身につけ、能動的に青年会議所活動に臨む所存です。

入会年数の短いメンバーが増えつつある西宮青年会議所では、組織力の向上の為にもメンバー同士のさらなる交流の促進が必要不可欠です。担当の交流委員会では理事長の想いを委員長がしっかりと形にできるよう、しっかりと助言・指導をし、表面的ではない、青年会議所ならではの深い交流を実現する事によって西宮青年会議所の組織力の向上を目指して参ります。

また、今年度は公益社団法人日本青年会議所近畿地区兵庫ブロック協議会に委員長として出向する事にもなりました。西宮青年会議所を代表して兵庫ブロック協議会でもしっかりと職務を全うすると共に、兵庫ブロック協議会で学んだ事を西宮青年会議所へ持ち帰り、双方の発展に寄与できるよう、活動に邁進致します。

西宮青年会議所と兵庫ブロック協議会の双方で重責を担う事になりますが、常に「積小為大」の精神を心に置き、小さな事を疎かにせず、一つ一つしっかりと積み上げる以外に道は無いと肝に銘じ、覚悟を持って活動に臨んで参ります。

常任理事 牧江 孝徳

一般社団法人西宮青年会議所は、本年度65周年の記念すべき節目を迎え、創設から地域のまちづくりに着実に実績を積み大きな、大きな組織体へとなりました。現在の我々の経済環境は、依然として良いとは言えず会員数も少なからず影響を及ぼしていると思われます。JC歴の浅い、3年未満のメンバーが7割を占める西宮青年会議所としてこれまで培われた誇りや格式を継承しなくてはならないと考えております。本年度、「積小為大」のスローガンのもと脈々と培われた西宮青年会議所の「志」と「誇り」をもって誠心誠意、活動していきます。

本年度は拡大育成委員会を専属で担当する常任理事を拝命いたしました。また、65周年実行委員会では警備・誘導部会の部会長も拝命しております。西宮を愛する拡大育成委員長とともに委員会メンバーと一年間、第65代理事長を支え、そして、大いに楽しみたいと思います。特に新会員の拡大には全力で取り組み徹底して数字に拘っていきたいと思います。各委員会にも新会員の入会3名以上の必達をお願いしメンバー全員で会員拡大に取り組んでいきます。

本年度は育成にも全力で取り組み入会後、卒業までの40歳を迎えること無く、志半ばで退会するメンバーの減少にも頑張ります。各研修や事業を通して感動体験を共有し青年会議所の素晴らしさや認証番号5への誇り、伝統ある西宮青年会議所のセレモニーとホスピタリティーを感じてもらいたいと思います。

私、自身、今年で卒業をさせて頂きます。今まで青年会議所で受けたご恩を一つでも二つでもお返しできるよう新会員メンバーの指導に全力投球してまいります。

どうぞ、1年間、宜しくお願い致します。